私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

淡々と粛々と

f:id:simple-life-diary:20160718092835j:plain

人生には浮き、沈みがある

私の暮らしに襲ったことに時には「何故?」「どうして?」「私が~~したから?」など、起きたことに意味付けをしようとしてしまいます。

「意味付け」って自分を責めるようなことばかりになりがち。そんなの、自分を苦しめるだけです。

だから、起こった事実だけを受け止め、淡々と向き合っていくしかないのです。

スポンサー リンク

 

 

そして、「未来への不安」もいつも私に付きまとっています。未来とは数年先もそうだけど、数十分先、数日先の不安も。

とくに私から働きかけないといけない場合「どう言おう?」「相手の答えが予想外だったらどうしよう」「ムッとされたらどうしよう」・・・私が傷つきたくない、私の(勝手な)期待を裏切られたくないからという不安が付きまとい、頭を悩ませ行動が遅れるのです。

実態の無い不安に悩むこと、相手に勝手な期待を寄せること、そういうことも自分を苦しめるだけ。

それより、目の前で起こること、相手の反応や言うことを静かに受け止め、粛々と対応していく他ないのです。

 

今の私に必要なことを書いてみました。

・・・今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク