読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

多くを持たない暮らしの、パジャマ事情

多くのモノ・洋服を持たず、自分が気に入ったモノ・素敵だと思うモノだけを大切に使って、使い切る暮らしを心がけています。 

今回は我が家の寝る時の服装についてのお話です。

スポンサー リンク

 

 

枚数を多く持たないために

ぶっちゃけますと、「下着と外出着以外は夫婦共有でもいいんじゃない?」と思っています。 家で靴下を履く時はオットの靴下を無断で履いていますし(だから注意を受ける…)、寝る時の服にいたっては、はじめから夫婦兼用のつもりで買ってきて着ています。

定数3が私のセオリーなので、それぞれで用意すると、オット×3枚+私×3枚=6枚必要になるのですが、夫婦兼用だと4枚で上手く回っています。これで2枚は持たなくてすむのです。たかがTシャツ2枚、されど2枚なのです。

 f:id:simple-life-diary:20160613193113j:plain

選ぶ時のポイント

家の外で着る機会のない寝間着(パジャマ)とはいえ、ヘンテコなものは選べません。

考えにくいですが、寝間着のまま外に出ることがあるかもしれないし、ヘンテコなTシャツを着ていると暮らしもだらしなくなりそう・・・かといって、シルク100%なんて求めてないし、ブランドの1着1万円以上のパジャマなんていうのも求めていません。

寝汗をかくオットとそそっかしい私には、シンプルでそこそこの値段と質のモノが合っている・・・となれば、そう【無印良品】または【ユニクロ】です。最近は無印良品の方が多いかな。

 

夏間近になると、吸湿発汗性に優れたTシャツを4枚用意します。夫婦で4枚、1回着たら洗濯するというパターンで1シーズンを過ごします。

秋・冬・春は、保温機能のあるTシャツを4枚用意します。

さすが無印良品ユニクロだけあって、1シーズンでくたびれることは少なく、翌シーズンに持ち越すことが多いです。

 

サイズはメンズのLにしています。オットには少しゆったり、私だとワンピースのようにとてもゆったり着れるからです。

 

夫婦揃って同じTシャツを着て寝る瞬間、日常の幸せを感じるのです。 

 

・・・今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング