読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

モノが教えてくれること

暮らし

私が処分したモノを見つめると、なぜそのモノを手に入れたのか、なぜ使わなかったのか、なぜ処分するに至ったのか…モノから学ぶことが多くありました。

処分したモノの大半は、だいたい下の4つに分類できるモノでした。

 ○ (ほんとは)そんなに好きなものじゃないモノ

 ○ 無理して背伸びして手に入れたモノ

 ○ キャラと全然違うモノ

 ○ 「安い」という理由だけで買ったモノ

世間や他人からの評価を求めるあまり、自分の在り方や理想を無視していました。だから、違和感や心地の悪さを感じて、それをモノのせいにして手放す・・・なんてこともありました。今思うと、モノに申し訳ない気持ちがこみ上げてきます。

f:id:simple-life-diary:20160606192529j:plain

スポンサー リンク

 

 

さて、逆に今手元に残しているモノも【私が好きな色、質感、デザイン、どんな暮らしを送りたいか、どんな人間でありたいと思っているか・・・】などいろいろ教えてくれます。

どのモノにも共通しているのが、

 ○ シンプル(単純、簡素)であること

 ○ デザイン性より、使い勝手がよく、丈夫であること

 ○ 自然体であること

シンプルであることは大事ですが、それ以上に「自然体」ということも私の中ではとても大事なことです。

着飾らず、縛られず、こだわらず、気負いしない、背伸びしない、無茶しないってところでしょうか。

 

コンプレックスはもちろんあって(挙げればきりがない!)でも、コンプレックスや欠点・弱点を含めて「個性」であり、「私らしさ」であると開き直って、折り合いをつけながら、自然体を楽しんでいます。

手元にあるモノと同調するかのように、シンプルで自然体な自分を楽しんでいるうちに、今の自分を受け入れることも楽になりました。

 

www.simplelife2014.com

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング