私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

服装の「ある呪縛」を解いて、楽になる

洋服の整理を完結させ、手元に残した数少ない服を大切にしながら、日々を過ごしている私。

ある言葉の呪縛から自分を解放させたから、うんと数を減らせたと思います。

スポンサー リンク

 

 

毎日違う洋服を着ないといけない

この言葉の呪縛で、「とにかく数を揃えておこう」と、そんなに気に入っていないけど使い回せそうな服をキープして持っていました。

お勤めに行っているので、特に平日の服装では、月曜日に着た服は翌週の別の曜日(たとえば水曜日)まで着ないと決めて、毎日できるだけ違う服を着るよう気を使いました。

シャツを着た翌日はカットソー、その次はチュニック、ジャケットを着たりと・・・ほんとキリがありません。

 

ところが、私自身が周りの人の服装について記憶がほとんど無いのです。きっと3日後に同じ服を着たとしても、全然気が付かないと思います。

それよりも、どう着ているかという印象の方が強く残っています。「爽やか」とか「とっても女性らしい」とか「クールだ」「清潔感がある」「ダサい」など。そういう感覚的な記憶が残っているのです。(驚くほどセンスの合わない人がいると、強烈なインパクトを与えられるので、その服装が記憶されることはありますが・・・)

何を着ているかより、自分がどういう女性でありたいか。それを表現できる服装を心がける方が良い、と気付いたのです。

 

私の場合は、爽やか、清潔、シンプル がモットー。

そこをしっかり表現できれば、週に2回・3回同じ服を登場させてもいいと思えるようになったのです。もちろん、清潔感には一層気を配ります。アイロンを当てたり、毛羽立ちや毛玉、色褪せにも注意を払います。

靴や靴下、ストールなど小物との組み合わせを変えれば、少し変化が出るので、マンネリ化しないよう、持ちモノが少ないながらも組み合わせにも気を配っています

 

スポンサー リンク

 

 

自分がどうありたいかを大切にしていったら、服選びもじっくり吟味するようになったので、やみくもに服を増やすことも無くなりました。

simple-life-diary.hatenablog.com

《シンプルライフのブログがたくさんあります》

● シンプルライフ ● シンプルで豊かな暮らし ● すっきり暮らす ● 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ