私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

時間をかけて探しまくれば、手に入れることができると思ったこと

暖かい日が続くようになったので、足元の春夏仕度をと思い、靴下を探し始めました。ところが、私がいいなと思っているものは、ほとんどが売り切れています。出遅れたのでしょうか? 

でも、時間をかけて、思いつく先を探しまくると、意外にも在庫があったりします。

スポンサー リンク

 

 

私の探している靴下は一品物ではなく一般に流通しているので、ひいきにしているお店では品切れでも、ネットを使って時間をかけて探しまくると、ちらほら在庫しているお店が見つかるのです。 

そう、ネットを使って、時間をかけて、あちこち探しまくる とです。

ところが、そうしてやっと見つけても、何となく嬉しい気持ちにはならないんです。その靴下を買おうという気持ちが薄いのか?はたまた、その靴下を見つけることが目的にすり替わってしまっているのかしら・・・?

 

f:id:simple-life-diary:20160417151031j:plain

Oksana Kiyan

その靴下を見つけたとき「なんだ!このお店なら、まだ買うことができるじゃない」という安堵感を覚えました。同時に「このお店でも無くなったら、また別のお店を探せばいいか」とも思いました。

ほんとに・・・腰の重い私です。

でも、買うと決めていたモノをやっと見つけたのだから、そこで買わないと、また在庫が切れてしまい再び探すはめにもなりかねない。探す時間が暮らしの時間のロスになっている・・・この探す時間が惜しいとも思います。 

時間をかけて見つけた安堵感に浸らず、タイミングを逃さないようにもしたいです。

 

スポンサー リンク

 

 

時間をかけてじっくり考えて買い物をするようになりましたが、時々こんな感じで時間をかけ過ぎていると「そんなに時間をかけて意味あるの?」と自分自身でうっとおしさを感じることもあります・・・。

同じことが洋服でも言えるようです。

simple-life-diary.hatenablog.com

《シンプルライフのブログがたくさんあります》

● シンプルライフ ● シンプルで豊かな暮らし ● すっきり暮らす ● 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


▼ ブログ村 ランキング