私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

家事を習慣化するためのマイ・ルール

家族が心地よく暮らすには、やはり家仕事=家事はとても大事。

毎日続けることだから、ちょっとしたルールをつくって無理なく習慣化しています。

スポンサー リンク

 

  

家事をしやい環境にする

モノが散乱しているだけで、気持ちがゲンナリするし、探し物をすることで作業が遮られたりと、家事の妨げになります。

まずモノの定位置を決める、そして使ったモノは必ず定位置に戻す。この積み重ねが、モノが散乱しない空間への第一歩です。そのとき、いらないモノは潔く処分。

必要なモノがあるべき所にあり、すぐに取り出せれば、段取りも上手くいくし、作業だって順調に進むんですよね。 

f:id:simple-life-diary:20160413192750j:plain

geek chic itzallme

 

細切れに時間割をつくらない

「予定がある」というのが、私の性格上とても苦痛に感じるのです。たとえそれが、家事だとしても・・・たとえば、家に帰って19時から食事の支度、21時にはお風呂を掃除して・・・なんて窮屈!

なので、私の場合は、朝・(休日は)昼・晩とざっくり3つに分けて、家事をする目安を決めています。この決まりも厳守ではなく、気分次第では、今まで朝やっていたけど夜に変えちゃお~なんてこともあります。そんな緩さですが、1日のうち必ずどこかでやるように心がけています。 

スポンサー リンク

 

 

完璧を期待しない、求めない 

斎藤一人さんの『読むだけでどんどん明るくなる幸せセラピー』という本に

78%で人間は最高。人間に完璧はないんです。

という一説があります。

人間がやることは、最高で78%なのだそうです。人は誰でも、何かをしようとするときは完璧を期待するけど、やってみると100%完璧にはいかない。78%で人間は最高。人間に「完璧」はない、ということです。

自分に完璧を課して疲れて、暮らしのための大事な仕事=家事がイヤになるなんて・・・本末転倒ですよね。

だから、今日やった家事は私の中では「どれもベスト!」なのです。

 

やる人(私)に負担がなく、でも確実にやれるルールをちょこっと設けておくだけで、家事が習慣化して効率良く続けられています。

《シンプルライフのブログがたくさんあります》

● シンプルライフ ● シンプルで豊かな暮らし ● すっきり暮らす ● 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 


▼ ブログ村 ランキング