私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

自分自身を見失わないよう、シンプルな思想を持ちたいです

「断捨離」で言うところの「捨」がようやくひと段落着いたと思います。

先日のフリマアプリで「いい思い出のないスカート」や、長年処遇に困っていた思い入れの強い洋服をを手放したとき、「あぁ、ほんとにいらないモノすべてを手放せた」と心の底からホッとしたのを覚えています。

より身軽になれて、本当に気持ちが楽です。

 

スポンサー リンク

 

 

今は洋服も靴もバッグも必要最低限(ミニマム)になりました。とくに、洋服と靴の数はものすごく減ったので、一つひとつがヘビロテで傷みが早くなるのでは?と不安なくらいです。また、どうしても他人と比べてしまい「やっぱり私は少な過ぎるかも」と不安になることがあります。  

f:id:simple-life-diary:20160403155259j:plain

暮らしに迷いや悩みが生じたら、図書館に行ってこちらの本を借りてきます。(何故かいつも置いてある)読み進めていくうちに、シンプルに生きることがいかに素晴らしいことかを毎回別の視点で気付くことができます。

今回私がとくに印象に残ったのは

好みやからだに合っていて、使いやすく、美しい動線で使えるものだけを吟味するくせをつけましょう。

ひとの真似をしようとすると、簡単に自分自身を見失ってしまいます。自分自身を理解して初めて、自分らしいスタイルが生まれるのです。 

 

小さなクローゼットに入る分だけ、私が把握できる分のモノを持ちたい・・・その気持ちを優先してれば、他人と比べて数の多少にとらわれる自分がバカバカしいと気付けます。持ちモノの数は他人と比べようがない。だから、私なりの数で暮らしていけばいいのです。

キラリと光るブログ記事に触発されたり、ライフスタイル情報に心がかき乱されることがあるけど、自分自身を見失わないよう、シンプルな思想を持ち、自分の軸を忘れずにいたいです。

 

simple-life-diary.hatenablog.com

 

simple-life-diary.hatenablog.com

 

スポンサー リンク

 

【 関連トラコミュ 】

● シンプルライフ ● シンプルで豊かな暮らし ● すっきり暮らす

 


▼ ブログ村 ランキング