読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

サンダルをリペアに出すことに

今持っているモノを大切に使い続け、使い切る。

そんな暮らしを心がけていると、古びたモノを見ても

「これを使い続けるには?」とアンテナが働きます。

 

* トラコミュ シンプルライフ

* トラコミュ 断捨離でゆとり生活

* トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサー リンク

 

 

2011年に買った、ビルケンシュトックのサンダル。

毎年初夏から初秋にかけて履く、私の好きな靴のひとつ。

さすがに4シーズン履いた後の靴底は…擦り減りが激しいです。

 

昨年の夏、お店に行ってリペアについて伺ったら

「そのサンダルなら、新しいのを買った方が安く済みそうですね」

と言われてしまい、「う~ん、そうか」と(納得はしていないけど)

リペアに出すことを断念しました。

 

たしかに、店員さんの言うとおり

同じサンダルを買えば、靴底も、中敷きも、ベルトも、当然新品。

最高の状態で使いはじめられます。

(そして、店員さんの売上成績も上がる…)

 

 

でも、リペアに出そうと思ったサンダルは

4シーズンを共に過ごしたことで、私の足にしっくりと馴染んでいる。

靴底さえ交換すれば、まだまだ履けるいい状態なのです。

 

時間を共に過ごし、モノと私に歴史が生まれ、

自分に馴染んだ心地いいモノを

「新しいのを買った方が安く済む」という理由で手放し

買い替えるのは、すごくもったいないと思います。

 

そう思える、愛着がわくモノに出会うことって

幸せなのかもしれませんね。

 

スポンサー リンク

 

 

モノを使い続けることで、モノが増えない

支出が減る、収納に余白がある・・・

結果的に小さな暮らしに繋がります。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング