私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

世間の評価を鵜呑みにしない 私基準でシンプルな選択

20代から30代前半の私は、

世間で流行っているモノ、

世間で「いい」ともてはやされているモノに対して

世間でいいと言われているモノに間違いは無い。

周りと同じようなモノを持っていれば安心。

 

そういう気持ちがあったから、手に入れたい欲求が強かったです。

スポンサー リンク

 

 

心の奥底では「なんか・・・微妙じゃない?」と思いながらも

流行っているからという言葉に乗せられて買うのです。

特に、雑誌を見ているとモロに影響を受けました。 

 

だって流行っているんだから。

持っていないと時代遅れだ(=ダサい)と思われるから。

 

本当の自分はそのモノを受け入れていないのに

買ってしまったものだから、無理してでも身に付けたり

日々使い続けたりするわけです。

  

 

そんな選択基準を持ちながら、自分の身の回り品を増やしていたある日。

ちっとも心地よく無いという気持ちにハッとする瞬間が訪れ

私は私。自分に正直になった方がいいんじゃない?」と思ったのです。

 

自分はなにを基準にモノを選ぶのか?私はどうしたい?

素材は?色は?暮らしのどこに合うか?など

一つひとつを自分基準で考えるように変えていきました。

 

▶ 私の暮らしに合うモノに出会うワクワク感を胸に・・・

 

流行を追ってモノを買って実感したのは、流行り≠いいモノ ということ。

私にとっての使い勝手だったり、気持ちの在り方だったり

モノの品質自体が残念過ぎ…だったり。

 

これからも、「流行り物は見るだけ」で楽しむようにして、

私の暮らしは「私基準」で選び続けていきたいです。

 

スポンサー リンク

 

 

何かを買おうとしているとき、 

時間をかけて、じっくり考える楽しさを覚えました。

だから、衝動買いももうしません。  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします!  

* トラコミュ 断捨離でゆとり生活

* トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

* トラコミュ シンプルライフ