私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

小さなことでも 「やってみたい」という気持ちを大事にしたい

子供の頃から「やってみたい」と思うことは

後先考えずにやってみました。

 

挑戦する・チャレンジする・・・

いつの間にか、その気持ちを忘れていたときもありました。

 

* トラコミュ 断捨離でゆとり生活

* トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサー リンク

 

 

目の前にある山積した仕事をこなし

人間関係に四苦八苦して

毎日がとにかく息の詰まる思いをしていた日々。

 

「今は目の前にある仕事を頑張らなくては」と無理に意気込んで、

(今思えば)上司からのパワハラに耐え

(今思えば)部下からの攻撃に耐えて働いていました。

 

しかし、日々頑張れば頑張るほど心身共にひどく疲れ

気が付けば、何かを「やってみたい」という

意欲さえ無くなっていました・・・

 

抜け殻になった私は、退職をしました。

 

 

それから、時間をかけて平穏な日常を取り戻し

少しづつ「あれやってみたいな」とか「これおもしろそう」といった

意欲や興味が湧いてきました。

 

当時の私が「やってみたい」「おもしろそう」ということは

必ず金銭が絡むことばかり。

そのお金を払える自分に優越感すら持っていました。

 

ところが、暮らしを粗末にしていたツケがきたところに

オットと私の給与減額・・・

 

お金が無いから、やりたいこともできない!

何もできないから、私の人生はつまらなくて、しょぼい。

 

そういう思考に陥っていました。

 

 

しかし、シンプルライフを知り、片づけ・掃除を進め

「断捨離」の意識も持つようになったところ・・・

お金がかからない小さなことでも「やってみたい」

「おもしろそう」と思えることが増えてきたのです。

 

そう思う自分の気持ちを、大事にすることもできる。

小さなこと=しょぼい と否定していた頃の私からすると、嘘みたいな変化!

 

今では、どんな小さなことでも「やってみたい」という気持ちを大事に

タイミングが合ったら、どんどんやるようにしています。

もちろん、金銭のかかることは、熟考します。

 

 

「主婦だからできない」とか「知識が無いからできない」

「主人が無理だっていう」・・・そんなの気にせず

自分の意欲をぜひ大事にしてください。

 

意欲が無くなった時期を経験した私からすれば

意欲が湧くってことは、素敵なことなんですよ。

 

スポンサー リンク

 

 

「今日は何もしたくな~い」という無気力な日はあります。

無気力なら、とことん“くた~”として自分を休ませる!

自分を大切に、心地よいシンプルライフを楽しみましょう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします!