読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

モノの状況の把握 と 相手の領域

先日、家族から「粗大ごみを捨てに行くけど

あなたの家には捨てるモノある?」と聞かれました。

 

なにかあるか考えているとき

「ほんとに、変わったな」と気付いたことが。

 

* トラコミュ 断捨離でゆとり生活

* トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサー リンク

 

 

寝室にはあれとこれがあって、不要なモノは無い。

リビング・ダイニングには、なにがあるか頭で描ける。

納戸、クローゼットの中もなにが入っているか分かっている。

 

私、各部屋のモノの状況を把握できている!

 

日々の暮らしのなかで、あちこちを気にかけ

手をかけていることで、把握できるようになったのでしょうね。

 

そのうえで、「粗大ごみに出しに行くモノが無い」と

答えることのできた家に変化していたことが嬉しいのです。

 

f:id:simple-life-diary:20151224065954j:plain

 

ただし、オットの部屋だけは関与していないので

なにが要・不要なのか、知る由もありません。 

 

私から見ると「ごみに見えるモノ」ですら、

オットのモノなので、勝手に捨てたりすることはしません。

 

片づけ初心者のころ、オットの部屋を勝手に片づけ

良かれと思って捨てたら、後からオットが「あれがなーい!」と

騒ぎだし、血の気が引いた経験があります・・・。

 

なので、オットの部屋は、掃除はしますが片づけはしません。

 

 

私は私の領域があり、オットはオットの領域がある。

相手の領域を侵害しないように配慮して

片づけを粛々と続けています。

 

スポンサー リンク

 

 

今年はうるう年だから、2月が1日多い!

なんだか、ちょっと得した気分になっているのは

私だけかな・・・?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング