私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

最期 風呂敷一枚

終活」の具体的な行動はしていませんが

自分の最期について、理想を思い描いています。

 

* トラコミュ 断捨離でゆとり生活

* トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサー リンク

 

 

いきなり「最後」について書くのも何なので・・・

まず、私は生きるうえでの使命を課していますので、それについて。

 

● 親・オットより1日でも長生きすること

親・オットより長生きすることが、

何よりの親孝行とオットへの孝行だと思います。

なにより、健康であることが大事ですね!

 

● (子供がいないので)他の親族に迷惑になる物事を残さない

私たちには子供がおりませんので、

借金(ローン)を含め、金銭的な面倒は残さないよう

健全な家計管理・運営を続けていくこと。

家財道具などの遺品整理で苦しむことがないよう

不要なモノは増やさず、むしろ減らし続けていきたいと考えています。

 

f:id:simple-life-diary:20160225185924j:plain

 

そして、「最期」は身の回り品は風呂敷一枚に収まる量が理想

 

少しのお気に入りの服、生涯大事にしてきたモノをひとつ・ふたつ、

暮らしの愛用品・・・

そんなモノを、大判の風呂敷一枚に包んで暮らしたいです。

 

 

私が印象に残っている話があります。

“ 母は若い頃からほとんどモノを買わない人。

しかし、買う時は高価なものを一点買って、それを大事に使い続けていた。

部屋は旅館のようで、いつもスッキリ清潔に片付いていた。

・・・

晩年、病気で余命幾ばくも無いと知った母は、

それまで自分の持っていた、バッグ(エルメスバーキンなど)をはじめ

身の回りの品をほとんどを処分して、大切な友人数人に会いに行く。

友人にも自分が大切にしていたモノを譲り渡した。

いよいよ最期のとき、母の周りにモノはほとんど無かった。

母は身軽にこの世を去っていったのだ・・・”

 

スポンサー リンク

 

 

2月もまもなく終わりですね・・・

毎日を淡々と過ごしていても

時間の流れは早いなぁ、と感じます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング