私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「当たり前」の価値観を見直す

さて、昨日は午前中から雨が降り出しました。

雨が降り出す前にオットがスポーツから帰ってきて

手には私の好きな和菓子「鹿の子」がありました。

温かいお茶を淹れて、美味しく頂きました。

こんなささいなことが、ほんとに幸せです。

 

雨脚が強くなる外を見ながら思ったことがあります。

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

スポンサー リンク

 

 

 

うちには車がありました。

そして、かれこれ5年くらい前に手放しました。

 

それまで私は、世帯が車を所有することが当たり前だと思っていて、

週末は車で出かけるのが当たり前

 

強雨だろうと気にせず、とくに目的は無いのに、

車に乗って街に出かけていました。 

そして、ウィンドウショッピングをしたり

(ウィンドウショッピングに留まらず、

衝動買いをしたこともありました・・・)

ランチにお茶にと、必ずお金を使う週末を過ごしていました。

駐車場代も、都市部なのでバカになりません・・・。

 

f:id:simple-life-diary:20160221165830j:plain

 

 

金子由紀子さんの著書のひとつ

お部屋も心もすっきりする 持たない暮らしを読み、

私の価値観を打ち砕かれる思いがしました。

 

「車は持っていて当たり前」という価値観も

「週末は必ずどこかに出かける」という時間の過ごし方も

当然、打ち砕かれました。

 

奇しくもその頃は、オットの固定給が減額されたり

私も時給の安いアルバイト暮らしで、生活費のやり繰りに苦慮していたので

夫婦でじっくり話し合い、今まで持っていて当たり前だった車を

手放しました。

 

車にかかる費用が無くなったうえ、保険や車検、維持のことなど

煩雑なことも減ったので、すごく身軽になりました。

 

週末の度に出かけていたあの頃とは違い、

雨の休日は無理に外に出なくても、家のことをしながら

のんびり過ごすことが私には最高の時間です。

 

 

スポンサー リンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします!