私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

寿命の長い一着

オットは服をたくさん持っていますが、

新しく買うということがほとんどありません。

どれも寿命が長い・・・のです。

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

■ スポンサー リンク

 

 

寿命が長い・・・というのは、

● 今でも着れるデザイン

● 痛み・ほつれ・擦り切れなどがない

● 色褪せていない

など・・・着れる寿命が長いという意味です。

 

オットが5年以上前にMHLで買ったパーカーが

とても良いモノで、いまでも普段着で活躍しています。

 

f:id:simple-life-diary:20160123135506j:plain

こちらは、似たタイプのもの。

MARGARET HOWELLのHP写真をお借りしています。

 

 

当時(オットのパーカーを買うとき)は、

「ちょっと値段が高いわ・・・」と思っていましたが

もう5年以上着ているので、しっかり元は取れました!

 

高いモノすべてが、寿命が長い

(=いつまでも着れるデザインと品質である)と

保障されるわけではありませんが、

スタンダードなモノほど、

適正な価格か?生地の風合いや縫製はどうか?など

細部にも目と気を配ることが大切だなぁと

オットのパーカーを見る度に思います。

 

 

おしゃれ指南の本には

スタンダードなアイテムとはいえ、

シーズンごとに微妙に型やデザインが変わるから

見直して入れ替えるべき。

みたいなことが(たまに)書いてあります。

 

微妙に流行を押さえることを念頭に置いて

書いているのでしょうが

それも消費を煽るような文句に感じてしまいます。

 

 

「おしゃれ」も大事

だけど、出会った一着を大切に着ることも大事。

 

これから私も5年着続けられるような服に出会って

服と一緒に生きるていることを実感してみたいと思っています。

 

 

■ スポンサー リンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします!