私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

いい思い出のないスカート

かれこれ5年くらい前に買ったスカートがあります。

これの処遇に悩み続けること2年。

このスカートを見ると、苦い思い出が蘇ります・・・

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

■ スポンサー リンク

 

 

義父・義母とオットと食事のあと有名デパートに出掛け

義母が好きなお店に着いたとき、「このスカート素敵だわ~。

でも私の年齢には派手すぎるから、あなた着たら?」

みたいな感じでおすすめされました。

 

スカートは素敵だけど、

私には必要じゃないし「欲しい」と思わなかった。

だけど

断ることで、義母の心証が悪くなるのが怖くて買いました。

 

 

当時の私は、長い物には巻かれる人間だったし、

相手の期待に応えられるなら、多少犠牲を払ってでも期待に応えた方が

のちのち良い関係になる・・・と思い込んでいましたので

(私からすれば高価だった)そのスカートを買ったのです。

f:id:simple-life-diary:20160117180847j:plain  

 

買ったスカートを履いて行ける場面がほとんどなく、

タンスの肥やしになりかけたとき、「女子会」の誘いがありました。

 

「誘ってもらえるうちが花」と(体調がイマイチでも)出向いた私。

そのとき、あのスカートを履いて行きました。

 

和やかなムードで女子会がお開きになったあと・・・

なんと私は、激しい腹痛を起こしトイレに籠りっきりになりました!

あのトイレにいたときの心境は今でも忘れません。

 

 

そんなこんなで、なんとなくいい思い出のないスカート。

自分のお金で買ったものなので、処分してもよさそうなものですが、

「そう言えば、あのスカート・・・」と、義母から言われる日がいつか来るかも

と思うと、怖くて処分できませんでした。

 

 

実際は、一言もスカートの話題にはならないし、

義母はスカートのことすら覚えていない様子です。

 

 

相手にとって都合の良い人になる自己犠牲はやめる

(記事はこちら)と決めてから

このスカートも処分しようかな・・・と思えるようになりました。

 

なにより、クローゼットにあるそのスカートを見る度

心がモヤ~とする・・・

そういうモノは手放して楽になりたいですよね。

 

■ スポンサー リンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング