私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

暮らしのワクワクを誘う2冊の本

「シンプルライフ」に導いた1冊の本(記事はこちら)から

暮らしをシンプルにすることが楽しくなり、

雑多なモノを処分したり、整頓したりと

シンプル化へと夢中で取り組んでいました。

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

 

■ スポンサー リンク

 

 

それからしばらくして、

暮らしのワクワクを誘う2冊の本に出会いました。

 柳沢 小実さんの『シンプル暮らしのお片づけ』

『気持ちいい暮らしの必需品』です。

 

日本でも、小さな住まいでも、 限られた時間でも

「暮らし」そのものを、楽しくできる

自分らしくしている人を始めて知ったのです。

 

 

門倉さんの「ドイツ式~」を読みながら心のどこかで

「でも…海外の暮らし事情だから、日本の暮らしには…」と

何となく否定的なこともあったのですが、 

柳沢さんの本を読むと「ドイツ式~」との共通項も多くて

海外の暮らしのエッセンスだから、日本の暮らしには向かないという

思い込みを完全に消し去ってくれました。

 

 

何気ない日常を大切に、気持ち良く暮らす日本人の暮らしが

私にはとても新鮮で、読めば読むほど楽しくなりました。

 

よどみのない、風通しのいい暮らしを支えるのは

日々の些末なことです。

小さな心がけです。

 

『シンプル暮らしのお片づけ』の文中で好きなことばです。

  

■ スポンサー リンク

 

 

気持ちいい暮らしの必需品

シンプル暮らしのお片づけ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング