私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

小さなモノでも1in1out 増えすぎないように気を付ける

私は年中(毎日)靴下を履くので

1足の靴下が寿命を迎えるのもけっこう早い。

外に履いて行くには厳しいけど

家で履くぶんには問題なさそうと思って

取っておきたくなるのですが・・・

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

■ スポンサーリンク

 

 

外に履いて行くのが厳しいと判断された靴下とは、

かかとが薄い、破れそう、毛玉がひどい、ゴム口が緩んでいる…などです。

 

靴下は小さいモノなので、収納を圧迫することもなく

取っておいても害はほとんど無いアイテムです。

だから、「取っておこうかな~」っていう気持ちがついつい出てしまう。

 

買い替えをしているのですから、

古い靴下を取っておいたところで出番は無く、

結局捨ててしまうんですよね。

 

f:id:simple-life-diary:20151224065954j:plain

 

新しいモノを買ったら、使わなくなったモノは出す

いつも一定の量でおさめておくことを心がけています。

 

これは、靴下に限らず下着(特にパンツ)にも

同じことが言えます。

 

■ スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング