私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「シンプルライフ」に導いた1冊の本

「シンプルライフ」を考え始めたとき、始めて手にした本があります。

「ドイツ式ってなんだろう?」「シンプルな習慣ってなんだろう?」

という軽い気持ちで手に取った本。

 

 トラコミュ 断捨離でゆとり生活

 トラコミュ シンプルで豊かな暮らし

 

■ スポンサーリンク

 

それは、

門倉多仁亜さんの『ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣』

この本が、我が家の暮らしをよい方向へ導いてくれたのです。

それまで、私には暮らしを考えるほどの気持ちの余裕も無く、

家事に意味も見出さず、

やらなくちゃいけないから、やっている

というような残念な心持ちでこなすだけでした。

 

本著から、

効率的なものの考え方

機能的で美しいモノを大切にすること

家と暮らしを慈しむ気持ち・・・

どれも新鮮で心をわしづかみにされ、夢中で読みました。

 

f:id:simple-life-diary:20151220155715j:plain

 

私が家事を「ルーティン」にしているのも

門倉さんの著書からの影響が大きいです。

著書の中で「いい!」と思ったことは自分の暮らしに取り入れ

合っている・よかったことは続ける。

それだけのことで、我が家の暮らしは少しずつ整ってきました。

 

「読書で人生が変わった!」という他人の話を

話半分で聞いていた私(記事はこちら)。

あのとき、ふと、『ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣』

手に取ってから、暮らしが変わったとしみじみ感じています。

 

■ スポンサーリンク

 

 

家具、日用品、食器、衣類など…

素敵なモノとシンプルな暮らし方がたくさん載っています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

このブログは、シンプルライフブログランキングに参加しています。 

応援よろしくお願いします! 


▼ ブログ村 ランキング