私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

オットの服の片づけ

「まだ使える」

「いつか使う」

「いずれ片づける」

 オットがよく口にすることばです。 

スポンサーリンク

 

 

「まだ使える」「いつか使う」の代表は服。

数はたくさんあるけど、決まって同じ服だけ着ています。

 

そんな調子なので、チェストに服がたくさん。

クローゼットも服がたくさん、な状況でした。

 

なので、年に2回見直し作業を(私主導で)やっております。 

 

数年着ていない服、「着たくない」と言っていた服を

クローゼットから全部出して、お店のように並べます。

 

そこから、処分していい服を本人に選んでもらいます。

 

「え!?その服 残すの?全然着てないじゃん!」と、

心の中で思うこともあります。

この時、(できるだけ)口出ししないよう気を付けています。

 

機嫌を損ねないよう、気を遣います(笑)。

 

それに、今回は処分に選ばなかった服が、

次の機会で処分になることもあります。

ここは気長に本人の気持ちに従っていくしかありません。

 

f:id:simple-life-diary:20150127070501j:plain

 

今回は3着が処分となりました。

ブランド服の「宅配買取」 にお願いして

買い取ってもらいました。

 

 

さて、このオットの服の処分作業、

数年続けてきました。

手元の服は、よく着るモノだけになってきました。

 

パンパンだったクローゼットもチェストも

スッキリして、空間までできました。

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

お読みくださり、ありがとうございました。