私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

収納術に頼らず、減らすことを意識する

収納術がブームだった頃

テレビで見る収納の技の数々に

ただただ驚いていました。

 

でも、私は収納が苦手です。 

スポンサーリンク

 

 

うちはかつては、モノを使ってモノを収納していました。

特に無印良品のプラスチックケースを愛用していて

どの収納場所にも必ずプラスチックケースがある家でした。

 

収納術が苦手で、収納の為に工夫するのが嫌いなのに、

モノを使ってモノを収納しまくる

ということに、疑問を持っていたのです。

 

f:id:simple-life-diary:20150915192435j:plain

foto By Lara

 

それよりも、不用品を少しずつでも処分して

余白のあるスペースに、少しだけモノを入れる

これくらいがちょうどいいのではないでしょうか?

 

たとえば、本は手元に残すのは3冊と決める。

十分に自分に落とし込めたと思った本、

時間の経過で価値観に変化が出てきたら手放す。

手元の3冊の本は、チェストの上に置けばいい。

本棚やブックスタンド、ブックエンドなどは

必要ないのです。

 

写真は、似たようなショットがあれば

その中で一番好きなショットだけを残す。

見るとイヤな思いでが蘇る写真は潔く捨てる。

ベストショットだけを選んで残すのです。

分厚いアルバムも要らなくなるし、

アルバムに占領されていたスペースが減ります。

 

***

収納術やグッズを使ってモノをしまうより

まずは、自分の身の回りにあるモノと向き合って

数を減らしていく。

 

モノは減りますが、

自分が本当に好きなモノ、一番大事なモノだけが残り

豊かさを実感する時間は増えます。

 

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

お読みくださり、ありがとうございました。 

先日、オットが自転車を修理してくれました。

これで、秋の爽やかな季節をサイクリングで満喫できます。