私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

「より多く」から「もう十分」へ

「より多く」から「もう十分」へ

 先日から読んでいる本の一説です。

 

 

 生活をシンプルにしていくと、自分が本当に必要とするものは

想像以上に少ないことに気付きます。

 

自分が生きていくために必要なモノはそう多くはない

ということを整理整頓・モノの処分を通じて実感しています。

 

f:id:simple-life-diary:20150804191625j:plain

 

エレガントに自分らしく、少しだけ消費するコツを心得ておくのです。

(中略)

お金で買えるもので得られるものを「より多く」から「もう十分」に

切り替えて、その分精神的な豊かさを増やすほうが得策です。

 

モノを買うことで一時の満足感を得るけど、欲が止まらない。

「もっと」「もっと」と求めてしまう。

 

しかし、家に帰れば、使っていない服やバッグ、靴や日用品の数々。

ある日、「全てを捨てて一からやり直したら、

どんなに気が楽だろうか?」と思ったのです。

 

その思いをきっかけに、

自分の心の垢を落とし、自分自身への戒めのために

とにかく地道に片付け・掃除・断捨離を続けています。

 

 

人生で必要なモノは数少ない。

平穏な精神状態でいられることが豊かさである。

居心地のよい自宅で過ごす時間こそ贅沢な時間。

 

今の私の暮らしのポリシーがこの本に詰まっています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ