私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

この作戦でモノが減らせました

同居している家族がモノ減らしに

理解をしていないと、ちょっとした

いざこざが起こることもあります。

 

しかし、私はこの作戦で切り抜けてきました。

 

まず、同居人(私の場合はオット)のモノを

勝手に処分してしまうのは、絶対にやってはいけません。

「捨て初心者」の頃、勢いに任せてオットの服を

勝手に処分した後、きつく叱られました。。。

自分の身になって考えてみれば、当然ですね。

 

オットのモノは、スルーするのが一番です。

たとえその場所が散らかっていても、

「ここは私の場所じゃない。。。」と言い聞かせます。

 

f:id:simple-life-diary:20150713191325j:plain 

 

共有のモノで、「これいらないわ~」というモノ。

たとえば、バスマット。

私は「いらないな~」と思ったその時に処分しました。

 

後日、オットが「ねぇ、バスマットどこ行ったの?」と

尋ねてきます。

そして「バスマットが無いと不便だ」という文句も付いてきました。

そこで私は、バスマットは処分したことを言いますが、

オットの意見(無いと不便だ)は、一切否定しません。

 

オットの意見を聞いたうえで、

「とにかく一度無い状態をお試しでやってみてくれ」

とお願いします。

そして、「やっぱり不便だと感じたら、新しいのを買おう」と

お試しであることを、改めて強調します。

 

 

そして、お試し続けること数か月。。。

バスマット無し生活がすっかり定着しました!

 

お試ししているうちに、その生活が溶け込み

当たり前になるようで、オットも何も言ってきません。

 

これは、私の狙い通りです。

 

ちょっと時間はかかりますが、

一緒に暮らす人と角が立つのはイヤ。

 

物事を円満に進めるには、

・相手の意見を聴く

・相手の意見を否定しない

・自分の意見を押し付けない

・自分の意見を貫こうとしない

そんな姿勢が大事だと、暮らしからも学びます。

 

ちなみに、バスマット以外でも

この作戦で減らせてモノはあります。

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

お帰りの際、クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  

 


▼ ブログ村 ランキング