私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

捨てるのが怖いモノ

 

うちには納戸がふたつあります。

どちらも縦長・小スペースですが

良くも悪くも、つっこんでしまいます。

  

納戸Aには、家の契約書や住設備関係の

説明書や保証書(もう保証期限過ぎてるけど)が

入っているので、大事な納戸です。

 

納戸Bには、結婚時オットが持ち込んだ敷布団、

インテリアに合わないぬいぐるみ(15年位前に購入)

アナログ方式の液晶テレビが入っています。

この納戸Bがつっこみ先になってしまっています。。。

 

f:id:simple-life-diary:20150628100242j:plain

 

オットが持ち込んだ敷布団はオットのモノなので

捨てることはできません。

他は早く捨てたいのですが、ぬいぐるみ(人形)類は、

ごみ袋に入れてポーイと捨てることに恐れを感じています。

かといって「供養」はもっと怖い。。。

 

そもそも、なぜ子供がいない夫婦ふたり暮らしで

ぬいぐるみがあるのか?

それは、若い頃(20代前半)の私たちの

他人に作られた価値観の枠にはまって生きていて

消費に踊らされていた時の遺産です。

 

ぬいぐるみは、ディズニーランドに行った時に

その場の雰囲気、気が大きくなり買ってしまった

パターンがほとんどです。

今やディズニーランドにも行かなくなりました。

お金を遣わないと楽しめない夢の国って…

 

こんな思いをして捨てられないジレンマを感じる。

ぬいぐるみって存在が恐ろしいです。

ぬいぐるみは絶対に家に入れない!

と心に決めて10数年 、そして捨てられずに10数年です(笑)。

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

 


▼ ブログ村 ランキング