私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

暮らしをつくり続ける

先日、友人夫婦のお宅へおじゃましました。

 

友人夫婦はお世辞にも広いとは言えない

賃貸物件に住んでいます。

  

所狭しとモノが置いてあるダイニング。

それに相反していたのが、モノが非常に少ない和室。

和室に通されたのですが、畳の優しい感触と匂いと

暮らしを感じられる「その家の個性」に

心地よく包まれている感じがしました。

 

美味しいお茶とお菓子を頂きながら

楽しい時間を過ごすことができました。

 

f:id:simple-life-diary:20150624192611j:plain

 

 

実は、私は一時「ミニマリスト」に憧れて

身の回りの一切を処分してやる!と息を荒くしていました。

実際には、モノを極限まで減らせないことや、

ガラーンとした部屋がつくれないことに苛立ちを覚えました。

 

モノを減らすことに執着していて、

自分の気持ちを無視していました。

 

誰かの暮らしを真似してモノを極限まで減らしたところで、

自分の暮らしが素敵になるのか?

ガラーンとした部屋にしたところで、幸せなのか?

自分の今の気持ちと向き合ってみたら

答えはNOでした。

 

「暮らし」とは、誰の真似でもなく、

他人の意見や価値観にも依存せず

自分を軸につくり続けることではないでしょうか。

 

■ こちらの記事もどうぞ

simple-life-diary.hatenablog.com

 

simple-life-diary.hatenablog.com

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

梅雨の中休みの晴天は、

日中は真夏を思わせる暑さと空。

洗濯物が外に干せるのが嬉しいです!

 


▼ ブログ村 ランキング