私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

口下手を恥じない

 

私は口下手で今までの人生でも

「はぁ~、もっと上手くお話しできれば…」と

心の中で悲しむことがありました。

 

 

学校でも会社でも、話しの中心にいる人には

話が上手くて、楽しそうに見えました。

そして、羨んでいました。

 

私に友達が少ないのも、

友達が離れていくのも、

私が口下手で会話が上手く進まないから

そう思っていたのです。

 

f:id:simple-life-diary:20150616065214j:plain

 

30代に入ってから、やたら自慢や知識をひけらかすように

よくお話しする人(男性)に出会いました。

人の輪の中心にいたいのか?自己顕示欲が強いのか?

とにかくよく話す人です、そして声も大きいです。

他人の話しには否定的で、自分の主義主張を

通そうと無理にでも押し付けてきます。

話しを聞いているだけで、疲れてきますし、

次第にムカムカしてくる私がいました(笑)。

 

一方で、物静かでほとんどお話ししない人(男性)

にも出会いました。

彼は話の輪の中心にいることはありませんが、

しっかり人の話しを聞いて、言葉数は少なくても

とても心地よい雰囲気と優しさを持っていて、

相手を受け容れる気持ちがとても現れた人です。

 

どちらと一緒にいる方が心地よいか。。。

想像がつきますよね!

 

 

自分を俯瞰できるようになって

分かったことがあります。

私は心から強く友達を求めていない。

おしゃべりだけが人を惹きつけるのではなくて、

私の個性・人となりを好んでくれる人と

お付き合いできることのほうが素敵であること。

相手と心地よい関係をつくるには、

話しはほどほどにして、気持ちが大切であること。

 

 

しかし、黙っていては伝わらないことは、

きちんと言います。

いつも一生懸命なオットには

「いつも、ありがとう」

「優しさを、ありがとう」

「楽しいね」「美味しいね」など。。。

 

 

相手も自分も心地よくなれる言葉は

たとえたくさんの言葉じゃなくても

伝えたいですね。

こういう時、口下手ゆえの短い言葉で伝える

ことができて「口下手を恥じない私」が

いるのです。

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

スマホ・携帯の方は、こちらからお願いします。 

ブログ村 シンプルライフ

 


▼ ブログ村 ランキング