私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

余白のある暮らし を目指して

収納は8割に留め、2割は余裕を持たせる

 

たしかに、収納はギッチギチの10割より

余裕のある8割の方が、見ていても気持ちがよいです。

 

収納の代表格、我が家のクローゼット

現在は9割収納されていて、8割までは。。。

ちなみにチェストは6割しか入っていないので、余裕です!

 

2割の余裕

 

これ、気持ちも同じではないかと思います。

 

私は、職人気質のようで(前の勤め先の上司に言われた言葉)

一点にものすごく集中してしまいます。

やった後の達成感を求めて集中するのですが、

集中し過ぎて、他人から声をかけづらいと言われます。

そして、私自身心に余裕が無くなり、ちょっとしたことで

イラッとしたり、予期せぬ事態に焦り腹を立てたりして

疲れてしまいました。

 

手抜きはしない、でも8割の力加減でやる

 

そう決めたのは、去年のことです。

気持ちにも余白を作ることで、ちょっとのことで

イラッとすることも減りますし、

予期せぬ事態にだって慌てず対処できます。

 

「力んでいるな~」と気付いたら、意識的に小休憩を取ります。

方法は簡単で、飲み物を口にして一息ふぅとしたり、

ちょっとダラっとした姿勢にして体を緩めたり。

これだけでも、気持ちが緩みます。

そしてまた8割の力加減で働くのです。

 

しかし、休日の家仕事は力加減は2割、余裕が8割の

逆転現象が起きています(笑)

ゆっくり寛ぎ過ぎてしまう空間作りができている…と

前向きにとらえることにします。

 

余白のある暮らしは、収納・こころ・使うモノの量など

いろいろなところで、心掛けていきたいです。

 

お読みくださり、ありがとうございます。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

「腹八分目」が健康への第一歩と言いますね。

やはり、8割で満たすということが体にも心にも

優しい生活なのかもしれませんね。。。 

 


▼ ブログ村 ランキング