私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

服の処分…「売る」 「ウエスにする」 にこだわらない

古い衣服を6着と古いタオルを3枚

市区町村の古着回収に出しました。

 

クローゼットやチェストからは抜いていたのに

たった1着の某ブランドシャツに

「これはブランドモノのシャツだから売れやしないか?」と

企んだり(笑)

古いタオルは「ウエスにしたい気もするな」と

曖昧な思いを抱いたり(笑)

結局1ヶ月間も取って置いていました。

あ~、なんてセコいんだ!

 

そこで、抜く時に、なぜ「捨てる方」を選んだのか

もう一度考え直しました。

ブランドのシャツは、たった1着を売りに出すのは気が引けるし

トップブランドっていうわけでもない。

古いタオルは、パイル地なのでウエスに切ったら糸くずが出て

イヤだな~と内心思っていた。

 

売った後誰かが買って着てくれれば再利用になるし、

ウエスにして最後まで使い切った方が、

「モノの命を全うさせた」と納得できる。

でも、それも「丁寧な暮らしをしている」という思い込みと

自己満足でしかないと気付きました。

 

調べてみたら、私の住む地域の古着回収は、

回収後、中古衣料(リユース製品)や

ウエス、クッション材や断熱材に生まれ変わります。

私は「古着回収=ほとんど捨てる」と思い込んでいたのですが

ゴミとして捨てられるモノは少ないということです。

 

再利用のための方法が面倒だったり、気がかりがあるなら

潔く市区町村の古着回収に出した方が良いでしょう。

 

今後は、売ったり自分で活用する方法だけに縛られず

様々な形に生まれ変わって誰かの役に立つ

市区町村の古着回収も積極的に使っていきたいです。

 

今回、30Lのゴミ袋で1袋処分できました。

家がまたすこーし軽くなったような気がします。 

 

お読みくださり、ありがとうございました。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

 

朝、小鳥のさえずりで目が覚めました。

新緑の季節のこの頃は、小鳥のさえずりもにぎやかです。