私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

■ 自分を騙して、ついで掃除~

キッチンのシンクの排水口の掃除が嫌い。

過激な汚れと、鼻が曲がるような臭い。

それがイヤでイヤで仕方なかった私。

 

イヤだから触らない

 ↓

汚れが溜まっていく

 ↓

ゴミも溜まり、水が流れにくくなる

 ↓

蓋を開けて、汚れと臭いと闘って掃除をする

…これの繰り返しでした。

 

心地よい暮らしに悪臭やゴミの存在は

あってはなりませんよね!

うちは、毎日部屋を片付け・掃除しているので(大体)キレイです。

その方法をシンクにも適用させればいいんだ!と気付いたのです。

 

そう、毎日(いや、2日に1回でもいいので)ついでに掃除をすること。

夜、食事の後食器を洗ったら、そのついでにシンクと排水口を

重曹とメラミンスポンジを使って掃除します。

 

気持ち的には「お皿をあと2・3枚洗っている」程度を意識。

「これからシンクをガッツリ掃除しするぞ」となると、

ズボラな私は気持ち的に「面倒くさっ!」となりますので。

あくまでも、「お皿が2・3枚増えた感じ」と言い聞かせていると

自然と面倒な気持ちも感じず、掃除に取り掛かれます。

自分の心を騙して、作業をする…意外に効果があります。

 

おかげで、シンクの排水口のゴミ受けも排水パイプもキレイになり、

シンクの蓋を開けるのがイヤではなくなりました。

 

これから、梅雨入り、夏の暑さなどで

家の臭いにも敏感になりやすい季節。

早いうちから、キレイに掃除をして、

さっぱり清潔な空間作りを続けていきます。 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ