私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

物との付き合い方と処分について

先日、使っていない物を一気にリサイクルの売りに出した。 使わなくなった財布やバッグ、ポーチをどんどんリサイクルに出したら、小遣い程度の金額になった。 私は昔から物持ちがいいほうで、何でも長く使うタイプ。 だから、リサイクルに出すと「ちょっと古…

流行りの物はいらない

私は流行りの物は持ちたくない。 流行りの物は私にとってはいいと思える物ではない、まして必要な物でもないから。 それに街中で同じ物を持っていると(一人で勝手に)バツが悪くなるし、流行が終わった後の扱いに困る。 20代の頃は流行り物を自ら進んで持っ…

シルクのスカーフ活用法

まさか私がシルクのスカーフを持つ日がくるとは思ってもいなかった。 フランス人のマダムが上手に使いこなしているのを写真で見ても、どこか他人事でいた私が。。。 多く持つ必要はないけど、堅実なデザインと色の物を1枚持っていると重宝する。 私の活用法…

愚痴・噂話はしない

勤め先は人間観察するにはいい場所だ。 いろいろ気づかせてくれる勉強材料がたくさんある。 自分に足りないことは、上司を見ていると学べる。 身近にこういう人がいるのはありがたい。 でも、反面教師な人も多くて(女性の多い職場だからなおさら) 愚痴を言…

今はミニマムに興味はない

一時はミニマムを目指していたこともある。 極限まで小さくした財布。 限界まで減らした服と靴とバック、アクセサリー。 物を増やす=手持ちの物を捨てて、所有数は最低でも±0にする。 当然メリットも実感していた。 すっきりしていて、潔くて、選択に迷いも…

私の<大事なお金>の使いみち

高給取りではないので、限られたお金をやり繰りしながら日々暮らしている我が家。 でも、貧しい思いをしていないし、ひもじい思いもしていないので、つつがなく暮らしていることに感謝している。 旅行・車・ブランド品に興味が無いのが幸いだ。 見栄を張るた…

<物がたくさんあり過ぎる時代>に生きる私の暮らし

「私のシンプルな暮らし」をうたいながら、どこか「ミニマリスト」と混同している自分がいた。 長らく感じていた違和感は、シンプルライフとミニマリストの混同だったと気づいた。 減らす、無くす、やめてみる・・・数々やってきて気がついたのは、私はミニ…

ちまちました日常

今、夢中になっている物がある、ということを以前にも記事にしており(下記↓ご参照)「素敵だからと買い過ぎないよう気をつけたい」と言っていたのに。。。 えぇ、買い足しまして、増えましたよ。 あぁ。。。シンプルな暮らしとか言っているのに、その物に魅…

地味シンプリストな私

大型連休(10連休!)が近づいてきて、浮かれた話題も聞こえてきます。 例えば「海外旅行者が例年の・・倍!」「人気の旅行先は~~」とか。 昔の私なら、そういう情報に踊らされて「せっかくの連休なんだから、私たちも出かけなきゃ!」なんて焦っていたの…

「冒険」はせず「定番」で生きる

うちで「外食」 といえば、ほとんど同じ店。 洋食は**、中華は**、カフェは**、カレーは**・・・など私(と夫)にはいくつか定番の店がある。 理由は、行った店がハズレだとすごく損した気分になるのがイヤだから。 気分良くお金を払えない、帰路で…