私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

20年以上前から簡素な暮らし

f:id:simple-life-diary:20170715161543j:plain

 

近ごろの気象は「異常」だらけですね。

20年くらい前の梅雨は、雨はしとしと静かに降っていたものです。

静かな外から雨音だけが聞こえる梅雨、今はどこへいってしまったのでしょうか?

暑さも今ほど猛烈でなく、暑さと湿度で苦しむことはほとんどありませんでした。

 

そして、この気象のせいなのか、体調を崩して寝込んでいました。

湿度の高いところにこの猛烈な暑さは、体にとっても過酷です。

皆さまも、お身体ご自愛くださいね。

 

スポンサー リンク

 

 

体調を崩していた間は、おとなしく本や新聞を読んで過ごしていました。

 

新聞は(津久井やまゆり園の事件から1年を迎えるので)障害者と共生する社会についての記事が多くなり、戦争の記事も少しづつ増えてきました。

 

また本については、中野孝次さんの著書を読んでいます。

およそ20年以上前にすでに世界・日本の経済や価値観の転換期であることを指摘し、

【過剰な物事】から一線を引いているところに驚きました。

他にも自分の生をまっすぐ見つめて気づかれた方が多くいたのですね。

(女優の高峰秀子さん、幸田文さんなど・・・)

 

あらゆる雑多な物事から手を引く、欲深く生きることをやめた瞬間から人は自由になる。

その事を、この本は痛快な文章で私に教えてくれます。 

美しい老年のために (文春文庫)

 

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサー リンク

 


▼ ブログ村 ランキング