私のシンプルな暮らし

不要な物事は削ぎ落とし、モノは少しだけ持ち大切にする暮らし。

心の断捨離 「足るを知る」を掘り下げる

家計簿をつけていると、「浪費」と思える支出があり、[塵も積もれば山となる] のごとく、かなりの金額になっていることに驚く。 なので、これからはメンタル面の断捨離・・・というより「足るを知る」をもっと掘り下げて暮らしていきたいと思う。 スポンサ…

買い物の成功例

手元に1枚のスカートがある。 色は黒、ギャザーがうっすら入っていて、ひざ下丈。 2年前に必要に迫られて買ったこのスカート、とても重宝しているのだ。 スポンサー リンク // 買う動機は「必要だから」、なので期待もないし、たいして喜びもなかった。 し…

[井の中の蛙]状態から抜け出す方法

部屋が散らかっている、玄関周りにゴミが散乱している、食品のストックが山ほどある、ほんとうに着たい服がない、家のお金の流れが分からない・・・ そこには「ちょっと付け加えれば改善する」あることがあるのです。 スポンサー リンク // 散らかった部屋と…

ミニマムな人間関係

私は職場の人と親しくならない。 親しくなる方法を知らないわけではないが、「親しくなりたい」と思って同僚に接することはない。 ゆえにメールアドレスもLINEの交換など、一切していない。 私は、職場の人間関係はミニマムにしている。 スポンサー リンク /…

「いつも同じ」でいいと思う

「いつも同じ」 服装、持ち物、など・・・ 一時は他人から「いつも同じ」と思われることを恥ずかしいと思っていた。 だから、人に会う前に美容院に行ったり、服やバッグを買ったりした。 とにかく「いつも同じではない、いつも新しい私」というイメージを相…

私が見直してよかったと思う2つのこと

自分の暮らし・身の回りのこと・人生は自分で決める。 他人からどう思われていようが、私の人間性に関係はないし、私の人生にも影響はない。 ということで、何となく縛られていた価値観を打ち破り、見直してよかったと思うことがある。 スポンサー リンク //…

私がやめてよかったと思う2つのこと

世俗的な生活を送っていた時は当然のように所持・使用していたものを、シンプルな暮らしに移行していくなかで、やめた。 「やめる」と決断した時は、「いつか困る時がきたらどうしよう?」と漠然とした不安もあった。 でも、無ければ無いで、何とかなる!と…

ガラクタ捨てれば、増えるモノ・減るモノ

見栄っ張りが災いして、家中にモノが散乱。 しかも、せっかく買ったのに使わないモノ、使い勝手が良くなくてストレスの元になるモノ、見る度気分を落ち込ませるモノ、など、使わないモノ・使えないモノが実に多かった。 ガラクタに暮らしを乗っ取られること…

一生モノ?

買う時は「これは一生モノだ!」と確信しているのに、数年経つと何故か微妙になることありませんか? たしかにずっと自分に寄り添い続けているモノもあるのに、微妙になるモノもある。 そういう時、自分の感性は信じられないと愕然とするものです。 スポンサ…

家がパラダイスな夏休み

勤め先に「お盆休み」は無い、各自が夏季休暇を取るシステム。 毎年お盆の時期に休みを取っているが、今年の私はお盆の時期は休まず出勤する。 そのかわり、少し早目に夏季休暇をいただくことにしている。 今からとてもワクワクしている私の夏休み。 スポン…